カードローンの「過払い金」とは?

2006年の最高裁判決と、2010年の法律改正により、いわゆる「グレーゾーン金利」が撤廃されました。
「グレーゾーン金利」とは、これまでの利息制限法(最上限金利20.0%)と出資法(改正以前の最上限金利29.2%)の間の金利のことです。
これまでは、貸金業者は多くがこの「グレーゾーン金利」で営業を行っていました。

ところが「グレーゾーン金利」の撤廃に伴って思わぬ事態が巻き起こることになります。
これまでの金利=グレーゾーン金利が違法とされたやいなや、会社側に対してこれまでの支払金利の返還を求める声が挙がってきたのです。
これまで違法の範囲の金利でカードローンを借りていた利用者が、違法金利の返還の裁判を各所で起こすようになったのです。
これが、金利の「過払い金請求」と呼ばれるものです。

「過払い金請求」は大きな社会現象ともなりました。
マスコミで大きく取り上げられるようになり、「支払い過ぎた金利が戻ってきますよ」という宣伝文句で、弁護士や法律関係者が大きく営業を行うようになったのです。
これに大打撃を受けたのが、グレーゾーン金利で営業を行っていたカードローン会社を始めとする貸金業者です。

これまでの「ツケ」の支払いを求められた貸金業者は、思いもかけない費用負担が発生することになりました。
中には、消費者金融最大手「武富士」に代表される、大型倒産も発生してしまいました。
「武富士」に対する過払い金請求者は200万人以上、過払い金の額は2兆4000億円以上ともいわれています。

現在では、過払い金問題もひと段落して、カードローン業界は再び活況を取り戻しています。
利用者にとっても、安心して利用できる状況が整っているといえるでしょう。