携帯電話の通話料金が払えない時は、プライドを捨てて友達に借りましょう

私が携帯電話の通話料金を払えなくなった理由は、生活費や車のローンもありますがパチンコが原因でした。仕事が休みの日に暇だったのでパチンコに行きました。
その日は、運がないのか1回も大当たりが出ず5万円も負けてしまいました。
すごく悔しかったので次の日を有給で休みリベンジでパチンコに行きました。
その結果、また5万円負けてしまいました。
貯金も含めて全財産だったので生活費も通話料金の支払いもできなくなってしまいました。

携帯電話の通話料金の支払いを携帯電話会社に延期をお願いするのは、不可能なので払うしかありません。

親や友達に借りるかキャッシングをするかの2択しかないと思います。
バイトなど副業で稼ぐこともできますが短期間で稼ぐのは、不可能に近いので
現実的ではないと思います。

結局私は、友達に借りてなんとか通話料金の支払いができました。
なんとか難を逃れられましたが気をつけたいと思います。

機能制限されてしまうとき

どの会社も1カ月間料金を翌月請求されるのは一緒ですが、若干電話会社により支払期限は異なり、締め日以降期限あH25度1か月に設定されてることは共通してます。そして督促状は利用停止日もかかれていて、そこまでは機能制限されることなく使えるのです。

利用停止日まで支払確認取れなければ電話会社は問答無用で携帯をとめますが、利用停止は順次対応で、午前0時にとまるとは限らず、場合により2,3日とまらないこともありますが、それは順番が来てないからでいずれとめられるのです。

利用停止で機能制限かかるのですが、携帯が全く使えなくなるのではなく、電話機能、携帯メールアドレスを使った通信できなくなるだけでWIFI機能使ったネット接続はできます。なので、これができるところなら、会社に関係なくネット閲覧やゲームなどのアプリは可能。

滞納しないようにする

携帯利用停止されても携帯代滞納した状況に変わりなく、放置してれば1か月で強制解約に。そしてコンビニ、電話会社の販売代理店で携帯代支払えばはくて10分内、遅くて次の日復帰するはず。

携帯代を払わないで携帯が止まって求まるペナルティを受けてるのだからと気軽に考えてる人がかなりの割合いますが、携帯代に分割した機種代金が含まれてる時携帯代滞納をあまく見ないようにしてください。

月々の払い中携帯機種代金そのものが含まれていれば、クレジット支払いでその機種購入してることになり、毎月4000円分機種代金、通話料など各種プラン合わせ8000円~1万ぐらいになっていれば、それを滞納することでクレジットやローン未払いとみなされてしまいます・そしてブラックリストに載るといったことは実際ありませんが、軽い気持ちで滞納が問題ないと思っていればかなり危ないです。 

携帯料金滞納すればブラックリストに載ります

私の大学生の息子は自分で支払うからと、昨年iPhone7を購入しました。息子はバイトをしていましたが、今年に入り後期試験のためにバイトを休んだら、支払えなくなったです。いい加減な息子はそんなことも忘れて遊びほうけていましたが、自宅に携帯会社から督促状が届きました。試験のため支払えなかったと言い訳した息子をずいぶん叱りつけてやりました。そして私が建て替えたので、事なきを得ました。

携帯料金は絶対滞納してはいけません。特に息子のようにスマホを分割購入して支払いが滞ると、信販会社のブラックリストに載ります。こうなればその携帯会社と契約できないばかりか、その後一切ローンが組めなくなるからです。例えば将来結婚して家を建てようとしても、住宅ローンに通らないのです。実際こういう方がかなりいます。

そこでなんとか延滞しないようにお金を借りなければなりません。携帯会社に支払いを待ってもらうように頼んでも認められないのです。そこで20歳以上の方なら、大手消費者金融でお金借りるのがオススメです。1万円くらいなら、学生でも認められるでしょう。未成年者は親に泣きついて、頭を下げてなんとかお金を借りましょう。

一度ブラック入りすると、5年から10年は消えません、たかだか1万円くらいでブラック入りするのは馬鹿らしいことです。

携帯電話の通話料金が支払えない場合の対処法

何らかの事情で携帯電話の通話料金が払えないことがあります。携帯料金の未納から一定の期間が過ぎると、携帯電話が止まるだけでなく、そのまま放置することによって強制解約になってしまうことも・・・強制解約になると他の携帯電話の新規契約ができなくなったり、ローンの審査に通らなくなったり、裁判になったりと社会的な信用も失います。そうならないためにも携帯電話の通話料金が支払えない状況を作るのは好ましくありません。

そのため通話料金が支払えない時におススメの対処法が2つあります。一つ目がサービスの一時中断・電話番号保管手続きをする方法です。これは強制解約になる前の方法として有効。携帯電話は持ちたいものの毎月の料金が厳しくなってきたら、早めに対処することで効力を発揮します。この方法を取ることで、最低料金の支払いのみで携帯電話を失うリスクを避けられます。

二つ目に家族や業者からお金を借りることです。先にも話しましたように、料金の滞納という状態を作ること自体大変危険な行為。これを避けるためにも一時だけお金を借りてでも支払いを滞らせないことが大切です。一度滞納になってしまうとそこに滞納金の他に数種の手数料が加算されるので、割高になってしまいます。これを避けるためにも、とりあえずお金を用意し携帯電話の支払いは済ませるべきでしょう。

携帯電話代滞納について

毎月支払期限までに料金はらわれない時は約2週間後料金未納の督促状がはがきで届き、これは利用停止予告日が記載されており、毎月支払期限から1か月後ぐらいを目安に設定されます。

利用停止所の期限までに払えなければ、携帯電話が止まりますが、WIFI利用なら可能で、ネット接続は可能。さらに利用停止以降未納が続くことにより強制解約となります。

基本携帯代の支払いは待ってもらえないですが、料金センター、ショップ窓口で相談してみると支払いまってもらえたという体験者もまれにいます災害など特殊事情で支払期限延期もできますが、口座引き落とし、クレジットカードの支払いは対象外です。

カード払いなら携帯料の分納といった頃よりカード会社の引き落とし日前にリボ払いの形を早く検討してみたほうがいいでしょう。未納してる料金があまり高くて払えない時は分割払いにしてもらえるでしょうか?

携帯電話料を払えない時

携帯電話料を滞納すればまず携帯電話が止まるのですが、契約自体強制解約となり、A社で強制解約となれば、ほかのキャリア会社に事故情報で個人信用情報が回り、他社でも携帯の新規契約ができいないです。

税金滞納、国民年金滞納者へ催告も実際民間業者に委託してるケースもあって、個人情報が信用調査会社へ流れるケースがないわけではないです。他社で新規契約すればいいなど安易に考えれば大変な事態になったりします。

滞納繰り返せば、シンオウ情報滞納してる記録が乗って、これは解消後も5年は乗り続けるので、最低5年はクレジットカード取得の審査に影響を与えてしまうのです。

そして、基本携帯会社に相談しても料金支払先延ばしはほとんどできません。収入の当てがなければ、むやみなキャッシング利用はすすめません。高額通信料の場合には滞納金を一度清算し解約か、契約プラン見直しも必要になってくるはず。 

キャッシング延滞の遅延損害金ってどのくらいかかるもの?

キャッシングで返済期日までに返済が無い場合、遅延損害金を支払わなくてはなりません。多くのキャッシング会社では遅延損害金を20%と定めていますが、今ひとつピンと来ません。実際には遅延損害金はどのくらい支払うものなんでしょうか?遅延損害金は、普通の利息計算のような計算式で算出します。

借り入れ残高×遅延損害利率÷365日×返済期日の翌日から何日か

例えば借り入れ残高が100万円で、支払い期日からすでに30日遅延しているという場合、遅延損害利率が20%だと、100万円×20%÷365×30日=16,438円となります。つまり、元々支払う予定だった元金+利息の返済額にさらにプラスして、この16,438円を支払わなくてはいけない、というわけです。

借金返済の際、利息を支払うのでも余計な出費なのに、さらに遅延損害金を支払うというのはかなり無駄なお金を使うという気がしますよね。この遅延損害金、借り入れ残高が多ければ多いほど、また遅延日数が長ければ長いほど大きくなります。例えば先ほどの例で200万円の借り入れだったとすると、200万円×20%÷365日×30日=32,876円ですが、50万円の借り入れだったとすると、50万円×20%÷365日×30日=8,219円です。

また例えば遅延日数が3ヶ月(90日)の場合だと、100万円×20%÷365日×90=49,315円、なんとも高額な遅延損害金を支払うことになりますね。1週間だけの遅延の場合だと、100万円×20%÷365日×7日=3,835円です。返済を遅延すればするほど、かなり遅延損害金は膨らんできます。延滞となったら、一刻も早くなんとかして遅れた分を返済してしまいましょう。