携帯電話の通話料金が支払えない場合の対処法

何らかの事情で携帯電話の通話料金が払えないことがあります。携帯料金の未納から一定の期間が過ぎると、携帯電話が止まるだけでなく、そのまま放置することによって強制解約になってしまうことも・・・強制解約になると他の携帯電話の新規契約ができなくなったり、ローンの審査に通らなくなったり、裁判になったりと社会的な信用も失います。そうならないためにも携帯電話の通話料金が支払えない状況を作るのは好ましくありません。

そのため通話料金が支払えない時におススメの対処法が2つあります。一つ目がサービスの一時中断・電話番号保管手続きをする方法です。これは強制解約になる前の方法として有効。携帯電話は持ちたいものの毎月の料金が厳しくなってきたら、早めに対処することで効力を発揮します。この方法を取ることで、最低料金の支払いのみで携帯電話を失うリスクを避けられます。

二つ目に家族や業者からお金を借りることです。先にも話しましたように、料金の滞納という状態を作ること自体大変危険な行為。これを避けるためにも一時だけお金を借りてでも支払いを滞らせないことが大切です。一度滞納になってしまうとそこに滞納金の他に数種の手数料が加算されるので、割高になってしまいます。これを避けるためにも、とりあえずお金を用意し携帯電話の支払いは済ませるべきでしょう。

携帯電話料を払えない時

携帯電話料を滞納すればまず携帯電話が止まるのですが、契約自体強制解約となり、A社で強制解約となれば、ほかのキャリア会社に事故情報で個人信用情報が回り、他社でも携帯の新規契約ができいないです。

税金滞納、国民年金滞納者へ催告も実際民間業者に委託してるケースもあって、個人情報が信用調査会社へ流れるケースがないわけではないです。他社で新規契約すればいいなど安易に考えれば大変な事態になったりします。

滞納繰り返せば、シンオウ情報滞納してる記録が乗って、これは解消後も5年は乗り続けるので、最低5年はクレジットカード取得の審査に影響を与えてしまうのです。

そして、基本携帯会社に相談しても料金支払先延ばしはほとんどできません。収入の当てがなければ、むやみなキャッシング利用はすすめません。高額通信料の場合には滞納金を一度清算し解約か、契約プラン見直しも必要になってくるはず。